脚やせにはストレッチが効果的?

ストレッチで柔軟性を上げることが脚やせにつながるとされています

脚を細くしたいときにはストレッチで脚やせが期待できるといわれています。脚のぜい肉をなくそうとただ筋トレを続けていると、 かえって筋肉がついて足が太くなってしまう場合もあるでしょう。
脚の太さが気になるタイプには、全体的に脂肪がつけいているタイプとしっかり筋肉がついているタイプがあるとされています。とくに筋肉のために脚が太く見えている場合には、ストレッチで筋肉や関節を柔軟にすることで足が細く見えるよう改善が期待できます。

身体が硬いと脚が太くなりやすいといえわれています

運動不足やデスクワークなどで座っている時間が長いと、使っていない股関節などの身体の関節が硬くなるといわれています。体の関節が硬いために普段からよく使う筋肉が偏ってしまうと、部分的に筋肉がつけきすぎて脚が太く見える場合もあるでしょう。
ストレッチで身体の柔軟性を高めると、今まで関節が硬かったために制限されていた動きが改善されて、筋肉がバランス良く使われることにつながります。足を細くしたいときには、とくに股関節の柔軟性を高めるといわれています。
股関節や周りの筋肉が硬い状態では、とくに太ももの前側の筋肉(大腿直筋)が使われやすくなるといえるでしょう。普段から筋肉がついて脚が太く見えているタイプは、太ももの筋肉が張って硬くなっていることが多いとされています。
普段から太ももの筋肉にムリな負荷がかかり、筋肉が張っている状態が長く続くことが脚やせの妨げになるといえます。脚を引き締めるためには、まずストレッチで柔軟性を高めましょう。

脚やせのためには日常生活の癖にも注意が必要です

いつも運動をしているなど、脚が太くなる原因がよくわからないという場合には、日常生活で脚が太くなりやすい癖がないか確認してみるといいでしょう。脚が太くなりやすい癖には、主に以下のものがあります。

座ったときに脚を組む

椅子に座ったときに脚を組む座り方は骨盤の歪みの原因になるといえわれています。座るときには両足をまっすぐ正して脚を組まないように気をつけましょう。

正座を崩した座り方をする

床に直接座るときに、正座した足を左右に崩したお姉さん座りをする方は多いのではないでしょうか。この座り方も関節などの歪みの原因となり足が太くなる心配があります。

片方の足に体重をかけて立つ

いつもどちらかの足に体重をかけて立ってしまう癖がある場合にも注意が必要です。信号待ちなどで片側の足に体重をかけて立っていると骨盤に歪みが生じやすく、下半身太りの原因になる場合もあります。
このような癖がある場合には、普段の座り方や立ち方が原因で脚が太くなりやすいといえます。脚やせを目指しているときには、日常生活で問題のある癖をなくす必要もあるでしょう。

正しいストレッチは歪んだ骨格の改善に役立ちます

骨盤が歪んでいると、骨盤の周りに脂肪がつけきやすいとされています。骨盤の歪により筋肉への負担が大きくなると、筋肉の緊張状態が続き、老廃物が溜まりやすい状態になる場合もあります。
代謝が悪く老廃物が排出されずに溜まってしまうと、セルライトと呼ばれる落ちにくい脂肪がつけく原因にもなるでしょう。骨盤などの身体の歪を改善するためには、ピラティスが適しているといえます。
ピラティスのエクササイズでは、骨や筋肉、腱などのつながを正しく矯正するボディ・アライメントで、毎日の生活習慣から生じる身体の歪みの改善が期待できます。身体の中心にある脊柱をまっすぐに矯正し、癖になっている悪い姿勢の改善や身体の正しい使い方を覚えることができるでしょう。
ピラティスはヨガのように難しいポーズがないため、高齢の方でも気軽に始めることができるとされています。また多くのハリウッド女優や芸能人が体型維持に生活に取り入れていることから、脚やせに対しても十分な効果が期待できます。

(まとめ)脚やせにはストレッチが効果的?

1.ストレッチで柔軟性を上げることが脚やせにつながるとされています

脚の太さが気になる場合には、脂肪が原因で脚が太く見えるタイプと脚の筋肉が原因のタイプがあります。脚の筋肉が原因で太く見えている場合には、ストレッチで筋肉や関節を柔軟にすることで脚が細く見えるよう改善が期待できます。

2.身体が硬いと脚が太くなりやすいといわれています

運動不足などで股関節などの関節が普段から十分に使われていないと、身体が硬くなり、動きが制限されてしまいます。そのため筋肉にかかる負荷が強くなって部分的に筋肉が張っている状態になると、その部分の足が太くなる場合があるとされています。

3.脚やせのためには日常生活の癖にも注意が必要です

座った時に足を組んだり片足に体重をかけるような立ち方をしたりなど、座っている姿勢や立っている姿勢に問題がある場合には骨盤に歪みが生じやすくなるといわれています。普段から悪い姿勢にならないように気をつけることが脚やせするためには大切です。

4.正しいストレッチは歪んだ骨格の改善に役立ちます

骨盤が歪んでいると下半身に脂肪がつけきやすく、落ちにくいとされているセルライトがつけく場合もあるといわれています。骨盤などの身体の歪みは、芸能人の体型維持にも用いられるピラティスで改善が期待できます。

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
入会金無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン