ヨガマットを持つビジネスマン

【ストレス低減・集中力UP】男性必見!ピラティスで仕事の効率を図る

ストレス社会におけるマインドフルネス

生活様式をはじめ、刻々と変化する現代社会は「ストレス社会」、日本は「ストレス大国」とも言われているからこそ、「マインドフルネス」や「マインドフルネス瞑想」といった心のケアが、個人にとってだけでなく、企業においても注目されています。

一見ビジネスとはあまり関係ないように感じられますが、実践すると頭がすっきりしたり精神が安定したりするため、仕事を進める上での効率化という目的としても実はビジネスパーソンにおすすめです。

今回は、そんなマインドフルネスについて、基礎知識やメリット、おすすめ体験情報などを詳しく紹介していきます。

マインドフルネスとは?

瞑想をしている男性
マインドフルネスは心を整える方法の一つで、仏教の「瞑想」がベースにあります。マサチューセッツ大学医学部名誉教授のジョン・カバットジン博士が「マインドフルネスストレス低減法(MBSR)」として1979年に発表したことで世に広まったとされています。
マインドフルネスの効果は「日常生活における不安やストレスの軽減」はもちろん、「アスリートのメンタルケア」や「精神疾患の治療」など広い分野で認められています。

マインドフルネスは、端的にいえば「今この瞬間」に意識を集中することです。集中することに対して「できた」「できなかった」の判断はせず、「今この瞬間」をあるがままに感じます。結果を求めるものではなく、プロセス自体がマインドフルネスの一部と考えるといいでしょう。

仕事におけるマインドフルネス

仕事におけるマインドフルネス
仕事をマインドフルネスに行う際、集中をして気を配るという要素が役に立ってくると思います。
それは、普段何気なくしていることに意識を向けて、自動操縦で行っている行為を、一度マニュアルモードに切り替えて行うということに似ています。そうすると、普段気づかないようなことに気づきやすくなります。
これを仕事に応用すると、例えば、いつも当り前のルーチンワークが、本当に効率的かどうか、実はもっとよりよい方法があるのではないか、といった気づきにつながるでしょう。

ストレスとうまく付き合う

ストレスする男性
仕事のストレスとどう付き合うかということは、仕事をする人にとって大きな問題でしょう。現代の社会では、どんどん仕事のスピードが加速しています。
インターネットの普及で、そのスピードはますます早くなっていくでしょう。そのスピードの中で、私たちは仕事のストレスとうまく付き合わなければなりません。そして、ストレスというと悪いイメージばかりですが、適度なストレスがないと人間は凛と生活できなくなってしまうので、ストレスを悪いものだと決め拒絶しようとするのではなく、よくそのストレスを観察してみるという視点を持つとよいでしょう。
客観的にストレスを受けた時の自分の身体の変化、呼吸の変化に気づきを向けて観察するとよいでしょう。
違った一面に気づき、ストレスにのみこまれずに、普段の状態に戻りやすくなるはずです。ヒントとして、仕事をする前、終わった後、仕事の区切りの時に少し自分だけの時間を数分とり、しっかり姿勢を作り、呼吸や身体感覚に意識を向け、しっかり気持ち身体を切り替えて次へ進むと良いでしょう。

その点が、仕事の効率にピラティスが良いと言われている要素のひとつです。

 私たちzen placeのピラティスだからこそ提供できる価値

zen placeでピラティスをする男
zen place pilatesは、筋トレ、フィットネスなどに変化したピラティスではなく、正統派で本物の「ピュア・ピラティス」です。
「ピュア・ピラティス」はいままでと違う身体の使い方で、今までとは違う自分に導きます。
フィットネスや筋トレなどで強化する筋肉は、体の外側のアウターマッスル・縮んで硬くなる筋肉で、身体を丸く大きく見せますが、『ピュア・ピラティス』で強化する筋肉は、身体の内側のインナーマッスル=伸長収縮する細くて長いしなやかな筋肉で、外から見てもしなやかに伸び上がる身体をつくります。また、背骨一骨一骨、インナーマッスルの微細な部分に意識を向けて、深く集中した状態を作り身体中の神経と脳神経をくまなく結び付け、心と身体を一つにします。
意識や動き方、体の使い方を変えることで、外見も内面も、今までとは違う心と身体になるのです。しかし、それは本来の身体の機能で、姿なのです。
私たちが目指すものは、上方に伸びた背骨だけで体を支えているような身体で、頭からすっと上に伸びて、肩が落ち、肩甲骨が落ち、胸が美しくひらき、首が長く見える状態です。手足も長く伸びている、しなやかな身体です。背骨を軸として立ち、その他の筋肉はゆるんでいる状態、表情も穏やかにゆるみ、こころもゆるんでいる、リラックスしている状態=本来の状態です。

だからこそ、仕事の効率化にピラティスが向いています。

zen place pilatesのレッスンの特長

背骨を中心に細部にフォーカスしたピラティスレッスンです。フィットネスではなく、動く瞑想です。
背骨を色々な角度から意識し、背骨一骨一骨、頸椎、尾骨、それぞれ細部の「点」にさまざまな角度から意識を集中し、それをつなぎ、統合させて「フロー」へと変化させます。
心と身体が交わり、調和・融合して、自分の中に入っていく「集中」という感覚を体験します。

zen place ピラティスについて

ビジネスマンのお客様より届いた、ピラティスで得られた効果

男性とチェアピラティス
だからこそ、ビジネスマンのzen place会員においては、仕事の忙しさやストレスなどを軽減する感覚が得られるという、仕事の効率に関して、多く声をいただいております。
他にも、お仕事をされている男性の会員の方から届いたお言葉はこのような内容です。

 ・体力に自信がついて自分の負担を増やす積極性が出るようになった(40代)

 ・電車の揺れに強くなり、立ちながらでも集中して新聞がよめるようになった(50代)

 ・週の後半でも朝の目覚めがよくなった(20代)

 ・長い時間に座りながら話を聞くだけの会議でも座り疲れなくなった(30代)

 ・自分に自信がついた(40代)

zen placeの全スタジオが男性も利用可能


ピラティスの創設者のジョセフ・ピラティス氏は、「 10回で違いを感じ、20回で見た目が変わり、30回で身体のすべてが変わる 」と述べています。ピラティスの効果を早く実感したい!という方は、まずはプライベートレッスンを受け、「違いを感じる」ことができるようにしましょう。

また、グループレッスンだけでは自己流になってしまう可能性があるため、リフォーマーピラティスに参加してからも、定期的にプライベートレッスンを受講するのがおすすめです。より効率的にピラティスを学ぶことができるでしょう。

zen placeは全スタジオが、男性も利用可能です。
そして、最近は、仕事効率や姿勢改善が目的の男性会員が増えてきております。

まずは、スタジオの雰囲気やレッスン内容を体験しにお越しください。

キャンペーン実施中!
グループレッスンの体験初回2,000円(税込)
Instagram投稿約束で
体験料が500円!さらに体験当日入会で
入会金&初月0円!

体験レッスンご希望の方はこちら

SNSでシェア
ピラティス・ヨガを体験する
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述