ヨガをしている時間は「自分だけの時間」。毎日のレッスンでアーサナを極め続けるZEN PLACE会員の洋子さん(77歳)に直撃インタビュー!

「ヨガをすることで、自分自身で考える力を養いたい。」ライフスタイルの一環として毎日ホットヨガに通うzen place strong会員の洋子さん(77歳)に、ヨガを続ける理由を伺いました。

 

―ヨガを始めたきっかけを教えてください!

63歳で仕事を引退した時、息子に「何か運動をはじめたら?」と言われたのがきっかけです。それまでは寮母という体力勝負の仕事をしていたため、何もしなくなったら身体がすぐに衰えてしまいそうだったので、まず初めに軽い運動からはじめました。そこから自分に合うエクササイズを探し続け、当時町田にあったヨガスタジオでビクラムスタイルのヨガに出会ったのが、ヨガをはじめたきっかけです。

―ほぼ毎日のようにレッスンに通われている洋子さんですが、ヨガを続ける理由は?

主婦をやっていると、家のことで手一杯になってしまってあっという間に一日が終わってしまった、ということも少なくありません。でも、ヨガをしている時間は「この時間は、絶対に自分だけの時間」と思えます。この時間が持てることを、とてもありがたいと思っています。

といってもホットヨガはきついので、お休みしたい日もあるんですが…(笑)家族に背中を押され、なるべく来るようにしています。家族の応援にも、感謝しています。

―ヨガで「自分だけの時間」を作ることによって、変化したことはありますか?

ヨガを始めてから、事前に計画して、時間をやりくりする力が付いたと思います。長くてきついホットヨガのレッスンを最後までやりきるためには、その日の体調から、体力配分やら力加減を考えてコントロールしなくてはならないので、「自分自身で考える力」が必要なんです。年を取ると、何もしないでいるとついついぼーっと生きてしまいますから、考える力が衰えないように、日々気を付けています。

周りの人からは、「何をやっても驚かない人だね」と言われるようになりました。寮母の経験からか、元々肝が据わっている方ではありましたが、ヨガのおかげで更に、世の中の色々なことを受け入れる器が広くなったように思います。

―新型コロナウイルスについては、どのようなお考えをお持ちでしょうか?

実は、3月頃に「コロナかも!?」ということがあったんです。熱が出て、倦怠感とだるさで病院に行きました。大事には至らなかったのは、普段からしっかりヨガで鍛えていたからだと思います。

コロナについては、考え方を他人に押し付けることはしませんが、私は、自分自身がしっかり気を付けれてればいい、と思っています。

そのために、毎日こつこつとウォーキングをしたり、苦手なポーズを練習したり。自分でできることを粛々とやるまでです。

―毎日のホットヨガで、抵抗力や免疫力のある身体作りができていたからですね。

―今後の目標はありますか?

いつもインストラクターの方々にみっちり指導していただいているので、とにかく一つでも多くのポーズをきっちりできるようになりたいです。自己満足ではありますが、そのほうが絶対に気持ちいい。片足立ちなどのバランスポーズがあまり得意ではないので、頑張りたいと思っています。

これからも、ずっと学び続けていたいです!

 

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン