モーニングルーティンに追加したい、3つの事

『モーニングルーティーン』という言葉を最近よく聞きませんか?意味は直訳すると“朝の習慣”。起床から始まり、朝食や身支度、外出するまでの過ごし方をあらかじめ決めておく事を言います。YouTubeやSNSでモデルさんなどのモーニングルーティン動画を見た事がある方も多いと思います。今回は、毎日をキレイに健やかに過ごす為のオススメルーティンを3つご紹介します。

1.太陽の光を浴びる

目覚めたらまず、カーテンを開けましょう。日の光を浴びる事で身体が「朝だ」と感じ、シャッキリと動きやすくなります。そして太陽光を浴びると「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンというホルモンが体内で作られるので、その後の一日を気分良く過ごしやすくなります。また、セロトニンは睡眠に深く関わるメラトニンというホルモンの原料でもあるので、夜には質の良い睡眠が期待出来ます。

2.白湯を飲む

起きたばかりの身体にいきなり食べ物を押し込むのではなく、まずは白湯(10~15分程度沸騰させ、少し冷ましたお湯)を頂きましょう。起きてすぐにヤカンをセットすれば、顔を洗ったりトイレに行っている間に出来上がります。目覚めた直後は胃腸が冷えていますが、温かい白湯を飲むことにで内臓や深部体温が上がり、消化促進や抵抗力UPなどに効果があると言われています。

3.瞑想をする

『瞑想』という言葉に「難しそう、ハードルが高い」という印象を持つ方も多いかもしれません。しかし、難しく考える必要はありません。最近では瞑想から宗教的な要素を除いた『マインドフルネス』のメソッドが、ビジネスパーソンなどの間で広く取り入れられています。まずは3分からのスタートでかまいません。ラクな姿勢で座り、目を静かに閉じ、呼吸に意識を集中させます。最近ではスマホアプリやYouTube動画など、タイムキーピングやナレーションでサポートしてくれるツールも多く出ているので、利用してみるのも一つです。つい慌ただしい気持ちになりがちな朝こそ、頭の中を穏やかにする事で、きっとその後の仕事にも良い影響があるでしょう。

まとめ:モーニングルーティンに追加したい3つの事

1. 太陽の光を浴びる 「幸せホルモン」セロトニンで1日をハッピーに!
2. 白湯を飲む 身体を内側から温めて、消化促進&抵抗力UP!
3. 瞑想をする 頭の中をスッキリさせて、仕事の効率をあげよう!

出来る事から生活に取り入れて、キレイで健やかな毎日にお役立てください!

 

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
月会費2ヶ月無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン