男性もヨガで妊活! 生殖機能を上げるヨガポーズとは?

1.不妊の原因は男性側にもある!? 男性もヨガで妊活しよう

不妊の原因は女性の方にあると思われがちです。しかし、不妊の原因の約5割は男性側にあるといわれているのです。したがって、妊活には女性だけでなく男性も取り組む必要があります。

気軽に取り組める妊活としては、ヨガがあります。ヨガはストレスを軽減し、体質を改善してより妊娠しやすいからだを作ってくれるのです。

しかし、ヨガをしている人の多くは女性です。今回は、男性が妊活でヨガをする効果と、おすすめのヨガポーズについてご紹介していきます。

 

2.ヨガをすると男性ホルモンが増える

ヨガは、4,000年以上も前からあらゆる人々が行い続けてきたエクササイズです。ヨガは心を整えてくれて、私たちのからだにさまざまな効果を発揮してくれます。

ヨガの効果の1つとして、生物としての活力を取り戻してくれることがあげられます。ある大学の研究では、ヨガによって男性ホルモンであるテストステロンの濃度が16%上昇することが明らかになっているのです。テストステロンは筋肉量を増やし、性欲を高めてくれるホルモンで、男性にとってはなくてはならないものです。

また、他の研究ではヨガを毎日1時間継続することで、射精のタイミングをコントロールできたり、性機能全体を上げてくれたりすることがわかっています。これは骨盤底筋群(ケーゲル筋群)が強化されるためであり、勃起力の向上も期待できます。

 

3.男性の妊活に効果的なヨガポーズ

ここでは、男性の妊活に効果的なヨガポーズを3つご紹介していきます。この3つのヨガポーズをしていくと、腰や骨盤の血行がよくなったり、性器を支えている筋肉を鍛えてくれたりします。

また、生命力ややる気などのエネルギーを作り出す第1チャクラ(性器と肛門の間)を活性化させるヨガポーズのため、パワーがみなぎって性欲も増すことでしょう。

【コブラのポーズ】
コブラのポーズは、床に寝ころがって腰を反らすヨガポーズです。

  1. リラックスしてうつ伏せに寝ころがります。
  2. 両手をつき腰と背中を反らしていきます。視線は天井に向けます。
  3. (2)の状態でゆっくり深呼吸します。

【ネコとウシのポーズ】
ネコとウシのポーズは、四つん這いになって腰を曲げたり反らしたりするヨガポーズです。

  1. リラックスして床に四つん這いになります。
  2. 腰と背中を思いっきり曲げたり反らしたりしていきます。ゆっくり深呼吸しながら行いましょう。

【ブリッジのポーズ】
ブリッジのポーズは、あお向けになってお尻上げをするヨガポーズです。

  1. リラックスしてあお向けになって寝ころびます。
  2. 足をついて膝を90度に曲げ、お尻を上げます。
  3. (2)の状態で30秒ほどキープします。

 

4.まとめ

子作りのためには、男性側も妊娠しやすい身体を作っていくことが重要です。ぜひ男性のみなさんもヨガに取り組み、根本的な体質改善を目指しましょう。

 

ゼンプレでピラティス・ヨガを体験!
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン