ホットヨガは食事に注意する必要がありますか?

ホットヨガの前後の食事に注意が必要です


ホットヨガをする方は、レッスン前後の食事のとり方に注意が必要です。レッスン直前に食べると気持ち悪くなる可能性があり、レッスン後の食事も吸収率が高まるため、食事内容に注意してください。
ただだからといって断食などをするのもおすすめはできません。ホットヨガは高温多湿の環境で体を動かすため、エネルギーを消費します。
痩せたいと思うと何も食べずレッスンに参加してしまう方もいるかもしれませんが、何も食べずにホットヨガへ取り組むという方法はおすすめできないでしょう。

1~2時間前までに食事を済ませておきます

ホットヨガに通う目的は体を美しくシェイプアップさせ、整えたいためという方もいるでしょう。しかしだからといって、レッスン前に何も食べないのはおすすめできません。
高温多湿で体を動かすホットヨガは、エネルギー消費量も大きくなります。何も食べない状態でレッスンに参加すれば、体の力が入らず逆に効果が半減する可能性があるからです。
ホットヨガのレッスン前の食事は、1~2時間前までに済ませておくのがおすすめです。直前に食べてしまうと、胃に食べ物が入ったままで苦しくなってしまいます。
ホットヨガでは体全体を使ってやるポーズが多く、胃に食べ物が入ったままだと苦しくて上手くポーズが取れません。ポーズで胃を圧迫すれば、吐き気をおこす可能性もあります。
レッスン前の食事は、消化に負担がかからず素早くエネルギーにできるものを選んでください。スープやおかゆなど消化がよいものや、スムージーもおすすめです。
エネルギー源になる炭水化物もとっておいてください。ただしラーメンのようにこってりとしたものは避けて、お米を選んでおくと消化に負担をかけません。
お肉はダメというわけではありませんが、油を多く使う揚げ物はNGです。胃に溜まりそうなメニューの場合は、時間に余裕をもって済ませておきましょう。

ホットヨガ後は吸収率が高くなっています


ホットヨガのレッスンを終えると、お腹が空いてたくさん食べたくなるかもしれません。しかし汗をかいて老廃物もたくさん排出した状態で、栄養の吸収率が高まっているため注意が必要です。
レッスン後2時間は栄養の吸収率が高くなっています。お腹が空くとドカ食いしたり、こってりとしたものを食べたりするかもしれません。
ホットヨガを続けて痩せる人がいる一方で痩せない人がいるのは、レッスン後の食事の内容に違いがあるといえます。
レッスン後に太りやすいメニューを選んでいれば、いつもより栄養の吸収率が高まってより太りやすくなるのです。
栄養の吸収率が高まっているなら、それを利用してしまいましょう。レッスンでは筋肉を刺激してタンパク質不足がおきているため、タンパク質を意識して摂取してください。
同時にミネラルやビタミンも摂取したいため、野菜たっぷりのメニューがおすすめです。タンパク質が豊富な食材と野菜を組み合わせたメニューなら、ホットヨガのレッスン後に向いています。
夜にホットヨガを利用するなら、脂肪に変わりやすい炭水化物は減らしましょう。甘いものも脂肪に変わりやすいため、レッスン後にスイーツを食べるのは禁物です。

レッスン時間別に食べ方を変えるのがおすすめです

平日は仕事帰りにレッスンを受ける方でも、土日は朝早くから通う方もいるでしょう。食事はレッスン時間に合わせて調節するのがおすすめです。
朝にホットヨガのレッスンを受けるなら、1~2時間前に食事ができるよう目覚めるようにしましょう。何も食べずにレッスンを受けてしまうと、エネルギー不足になります。
朝は夕食から時間が空いているため、早い時間に起床できるなら食事の内容に注意する必要はありません。2時間前までに食事ができるなら、食べられるものを食べられるだけとっておきましょう。
どうしても時間がないときは、簡単に食べられる食事がおすすめです。おにぎりやパンなら時間がないときでも食べられて、エネルギー源も補給できます。
仕事の昼休みにヨガのレッスンを受けるのは、食事の時間が調節しにくいです。ランチ直後のレッスンや、レッスン後にすぐランチをするのもおすすめできません。
休日で時間があるときなら、お昼の時間帯でも食事を調節できるでしょう。
夜にホットヨガのレッスンを受けるなら、前後に軽い食事がおすすめです。痩せたい一心で食事を抜くのはおすすめできません。
レッスン後のタンパク質補給は、プロテイン飲料やプロテインバーを活用する方法もあります。

(まとめ)ホットヨガは食事に注意する必要がありますか?

1.ホットヨガの前後の食事に注意が必要です

ホットヨガはエネルギー消費が大きいため、レッスン前に何も食べないのはおすすめできません。しかし直前に食べるのは体に負担がかかってしまいます。
レッスン後の食事も吸収率を考えた食べ方に変えましょう。

2.1~2時間前までに食事を済ませておきます

ホットヨガはエネルギー消費も大きいため、レッスン前1~2時間までに消化のよいものをとっておきます。
エネルギー源になる炭水化物を選んで、油が多いものは避けるようにしましょう。

3.ホットヨガ後は吸収率が高くなっています

ホットヨガのレッスン後は栄養の吸収率が高まっているため、太りやすい炭水化物や油ものは避けて、タンパク質・ビタミン・ミネラルを注意にとりましょう。
レッスン中に不足しやすい栄養素の補給がおすすめです。

4.レッスン時間別に食べ方を変えるのがおすすめです

朝にレッスンを受けるなら、早起きして食事を済ませておきましょう。仕事中の昼休みだと食事の調節が難しくなります。
夜のレッスン前後に軽く食事を済ませて、プロテインも活用してみてください。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン