妊娠中から出産後まで!ピラティスでスタイル維持

妊娠中や出産後は、体の負担を考えると運動がしにくい時期ですよね。

しかし、妊娠中は母体と赤ちゃんの安全のために体重管理をしなければなりませんし、出産後はスタイルが気になる方もいるでしょう。運動したいと思っているけれど、思うようにできないという方も多いのではないでしょうか。

そういう方には、ピラティスをおすすめします。ピラティスは、体を痛めている方からスポーツ選手まで幅広い方のニーズに合ったエクササイズができます。妊娠中はもちろん、出産後のスタイル維持にも役立つでしょう。

妊娠中から出産後まで、ピラティスをおすすめできる理由をご紹介します。

 

ピラティスは妊娠中こそおすすめ

ピラティスは体の内側にあるインナーマッスルを鍛えて、体の姿勢や体幹を良くしていくことに重点を置いています。筋肉トレーニングのような激しい運動ではなく、ゆっくりとした動きでエクササイズを行えるので妊娠中でも安心ですね。

妊娠中に運動不足になると、体のむくみやだるさを感じるなどの不調にも繋がります。適度な運動は、妊娠中のホルモンバランスの乱れからくるストレスにも効果的。また、骨盤付近のインナーマッスルを鍛えるエクササイズを取り入れると、出産後に体型が戻りやすくなるなどのメリットがあります。

ピラティスはリラックスのためのエクササイズというだけではなく、体の内側を鍛えて脂肪の燃焼効果を高められるものなので、妊娠中の方にもおすすめできます。

 

出産後のスタイル維持にも効果的

「出産後は太りやすい」とよく聞きますよね。出産によって歪んだ骨盤は自然に元の位置に戻りますが、ケアをしないと体全体の歪みに繋がります。そうすると基礎代謝が落ちて、太りやすい体になってしまうのです。

また、女性の体は妊娠や出産でホルモンバランスの急激な変化が起きます。ホルモンバランスの変化によって自律神経が乱れると、基礎代謝を落として太りやすくなる原因にもなるでしょう。

出産後のスタイル維持にも、ピラティスがおすすめです。骨盤には骨盤底筋という筋肉がありますが、この筋肉が衰えていると骨盤は歪んでしまいます。骨盤が歪むと臓器の位置も歪んでしまい、お腹がたるんで脂肪がつく原因に。ピラティスには、こうしたインナーマッスルを鍛えるためのエクササイズがあります。出産後は、赤ちゃんの世話や疲れから、なかなか運動ができないもの。ピラティスは個人のペースに合わせてエクササイズができ、体の内側から痩せやすい体づくりができるので、スタイル維持にもおすすめできます。

 

ピラティスで体の変化に負けない体づくり

妊娠・出産は女性の体にとって、とても大きな変化ですよね。

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、運動が制限されるので運動不足になりがちに。出産後は骨盤の歪みなどから太りやすい体になってしまいがちになります。

ピラティスはそれぞれの体に合った方法で、効果的に体を鍛えることができるエクササイズです。無理なく自分のペースで運動ができるので、運動がしにくいと感じている時期にこそおすすめできます。妊娠中から出産後の体の変化に合わせて、ピラティスのエクササイズを取り入れ、スタイル維持に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

ゼンプレでピラティス・ヨガを体験!
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン